1179 大手製薬企業の技術募集:固形腫瘍の革新的な治療法


1179 大手製薬企業の技術募集:固形腫瘍の革新的な治療法

研究開発型の大手製薬企業が、固形腫瘍の革新的な治療法を探しています。


技術募集の背景
この企業の腫瘍学研究のビジョンは、がんに苦しむ人々の生活を改善することです。彼らのパイプラインは、固形腫瘍(例えば前立腺がん、乳がん、腎臓がん、肝臓がん、肺がん、もしくはすい臓がん)の治療を提供し、さらに低分子量の化合物(例えばキナーゼ阻害薬)および生体化合物(例えば機能阻害抗体や抗体複合体)によって腫瘍細胞が自分自身に栄養を与えるのを防ぐ、腫瘍細胞の増殖阻害と血管形成阻害のための革新的な治療方法が含まれます。


この企業は、自社内の研究開発への取り組みを越えて、医療従事者、学術研究センター、その他の製薬企業、および革新的なバイオテクノロジー企業との多様なパートナーシップに協力しています。こうしたコミュニティとの揺るぎない関係は、開かれたアイデアと情報の交換を促進し、彼らの治療に対するビジョンの拡大に役立っています。


対象となる分野

・腫瘍学(固形腫瘍に対する革新的な治療法)


探している技術
以下に挙げる作用機序に関連する、小分子、及び生物製剤(例えば抗体)。抗体は、機能阻害抗体、非増殖生、プロアポトーシス、薬物抗体複合体/免疫抱合体、薬物運搬体。いずれも、ターゲットが特定されており、動物実験により有効性が示されていることが望ましいです。


特に興味を持っている作用機序

クロマチン調節とステロイド受容体:

  • ヒストン修飾薬
  • ヒストンーメチルトランスフェラーゼ
  • ヒストンーデメチラーゼ
  • クロマチン調節因子
  • ブロモドメイン相互作用
  • 転写因子調節遺伝子 (myc, max)

細胞周期/生存シグナル伝達:

  • 有糸分裂チェックポイント(紡錘体集合チェックポイント)ターゲット:Mps-1, Bub-1, Bub-3, Nek-2, TAOK-1等
  • 有糸分裂カタストロフィーや有糸分裂ブレークスルー、細胞死の原因となるその他の腫瘍選択的標的
  • Ras/Raf
  • TBK, IKK
  • 合成致死性
  • 中心体クラスタリング、HSET
  • Jak/Stat経路阻害剤
  • Hippo伝達経路

腫瘍代謝及び低酸素症:

  • グルコース代謝
  • アミノ酸代謝
  • NADPH/NADH発生
  • 一炭素代謝
  • ヌクレチオド代謝
  • 脂質代謝
  • ROS
  • 低酸素症, 低酸素誘導因子(HIF)経路阻害

がん免疫治療:

  • PD1/PD-L1以外のチェックポイント抑制
  • 共促進作動
  • 二重特異性マルチエージェントベース・シミュレーション(mAbs)
  • 養子細胞療法:同種異系
  • MDSC抑制
  • 代謝酵素制御
  • 腫瘍崩壊ウイルス
  • 開放腫瘍内微小環境誘発

抗体医薬複合体:

  • ADCターゲット
  • ADC構築抗体
  • 新たな非チューブリンペイロード
  • リンカー技術
  • 部位特異的な複合体
  • ADC開発候補
  • 新たなマルチエージェントベース・シミュレーション(mAbs)骨格
  • 新たなキレート剤

以下に関しては興味がありません。
HSP90抑制、ホスタファーゼ抑制、チューブリン作用物質、細胞療法、無差別HDAC、mek抑制、幹細胞経路モジュレーター、ADCC媒介マルチエージェントベース・シミュレーション(mAbs)、サイトカイン療法、TLRアゴニスト、遺伝子またはRNAi療法、自己細胞療法

—–
Research-based pharmaceutical company is now looking for innovative therapies for solid tumors.


Background
The vision of the oncology research of the company is to improve the lives of those affected by cancer. Their pipeline offers therapies for both solid tumors (e.g. prostate, breast, kidney, liver, lung or pancreatic cancer) and include innovative therapeutic strategies for the inhibition of tumor cell growth and the inhibition of tumor angiogenesis to prevent the tumor from supplying itself with nutrients using low molecular weight compounds (e.g. kinase inhibitors) and biological compounds (e.g. function blocking antibodies and antibody conjugates)
Beyond their own research efforts, they cooperate in multiple partnerships with health care professionals, academic research centers, other pharmaceutical companies, and innovative biotechnology organizations. Our solid relationships with the scientific community foster an open exchange of ideas and information and help to expand our vision of treatment.


Target

  • ONCOLOGY (innovative therapies for solid tumors)

Mechanism of Action that we are especially interested in:

Chromatin Modulation and OncoGenomics:

  • Histone modifiers
  • Histone-Methyl transferases
  • Histone-demethylase
  • Chromatin modulators
  • Bromo-domain interaction
  • Transcription factor regulators (myc, max)

Cell Cycle/Survival Signaling:

  • Mitotic Checkpoint (spindle assembly checkpoint) targets: Mps-1, Bub-1, Bub-3, Nek-2, TAOK-1 etc.
  • other tumor-selective targets leading to mitotic catastrophe, mitotic breakthrough, cell death
  • Ras/Raf
  • TBK, IKK
  • Synthetic Lethality
  • Centrosomal Clustering, HSET
  • Jak/Stat pathway inhibitors
  • Hippo pathway inhibitors

Tumor Metabolism and Hypoxia:

  • Glucose metabolism
  • Amino acid metabolism
  • NADPH/NADH generation
  • One-Carbon metabolism
  • Nucleotide metabolism
  • Lipid Metabolism
  • ROS
  • Hypoxia, HIF pathway inh.

Cancer Immunotherapeutics:

  • Checkpoint inhibition: other than PD1 / PD-L1
  • Co-stimulatory agonism
  • Bispecific mAbs
  • Adoptive cell therapy: allogenic
  • MDSC inhibition
  • Metabolic enzyme regulation
  • Oncolytic virus
  • Induce open tumor microenvironment

Antibody drug conjugates:

  • ADC targets
  • Antibodies to build ADC
  • Novel, non-tubulin payloads
  • Linker technologies
  • Site-specific conjugation
  • ADC development candidates
  • Novel mAb scaffolds
  • Novel chelators

NO INTEREST IN:
HSP90 inhibitors or in phosphatase inhibitors, tubulin-acting agents, cell therapy, unselective HDAC, mek inhib., Stem cell pathway modulators, ADCC mediated mAbs, Cytokine Therapies, TLR agonists, gene or RNAi therapies, autologous cell therapies
——————————————————–

keywords1: がん,癌,クロマチン調節,細胞周期,低酸素症,抗体医薬複合体
keywords2: 共同研究,ライセンス
language :
infocode : m0Cy10cB05r01
N-number : 10_I20





このニーズに関して興味のある方は下記のお問い合わせ方法によりご連絡ください。


・下の”クイックお問い合わせフォーム”
お問い合わせフォーム(汎用) リンク
・EMailによるお問い合わせ 宛先:info@japantechnologygroup.com





ログインされているユーザは、5行目の値(誤送信防止用)のみ記入いただければすぐに送信いただけます。

氏名 *
Email *
組織
問い合わせ内容 *
右記の式の合計を入力
(誤送信防止用) *