1189 技術募集:ダイカスト合金/プラスチック製のハードウェア・コンポーネントを保護し強化するコーティング技術


1189 技術募集:ダイカスト合金/プラスチック製のハードウェア・コンポーネントを保護し強化するコーティング技術

建設業界向けの機械治具やハードウェア・コンポーネントを製造するグローバルメーカーが、自社の製品やその加工プロセスに適用できる、製品の耐久性と性能を劇的に向上させ、さらに美観を保ち、環境サステイナビリティの実現が可能な革新的なコーティング技術及び仕上げ技術を求めています。


課題:

現在の製造プロセスは、亜鉛を使ったダイカスト(鋳造)が主流です(ただし、異なる材料や製造プロセスも採用することもある)。標準的な製造工程は、銅を使った電気メッキで表面処理し、電子伝導性の保証とその後のコーティングの接着性を高めます。次のニッケルメッキ工程で耐食性障壁を施し、その後に装飾仕上げ工程が続きます。しかしながら、この処理方法の組合せは、複雑且つ処理時間が長く、コスト高でもあり、加えて大量の危険で有害な廃棄物を作り出してしまうことが大きな課題となっています。


解決策:

このような課題に対して、メカニカル面と機能性の向上、さらに仕上げの装飾性の改善を同時に実現する新規の処理方法や技術を求めています。また、有害廃棄物を最小限に抑え、さらに製造コスト低減を実現できるように、例えば、アルミニウムや真鍮、工業用プラスチックなどの代替材料の使用も視野に入れています。


望まれる解決策:

  • ダイカストの装飾仕上げに対してエンドユーザーが求める品質レベルに応えること:例えば次のような仕上;クローム、ゴールド、サテン、ブロンズ、グラファイト、ニッケル、及びそれらの派生(艶消し、光沢、アンティークなど)
  • 耐久性能試験に適合すること:UV耐久性、耐腐食性(1000時間の塩水噴霧、*ASTM G85に基づく1000時間修正塩水噴霧)、引っ掻き抵抗性(5時間)、塗膜密着性(クロスハッチ)
    →*ASTM(American Society of Testing and Materials:米国材料試験協会)
  • 様々な素材に適用できること:アルミニウム、ステンレス、鉛、真鍮、高分子複合材料、さらに、ダイカスト、鍛造、押し出し、射出成形などで成形されるコンポーネント
  • 費用対効果が高く、量産可能であること:例えば、年間約1000万個の生産が可能でグローバルに展開できること
  • 従来の電気メッキ技法に比べて環境負荷を低減できること

興味がある解決策(ただし、これらに限定されない):

  • 新規の*PVD技術:特に電気メッキを使わずに基質を生成できる技術
    →*PVD(Physical Vapor Deposition:物理的気相成長法)
  • 改良された粉体塗装技術
  • 金属に直接塗布する耐UV腐食保護コーティング
  • 電気メッキの代替となる処理技術(環境負荷低減目的も含む)
  • バッチ処理に代わる半連続処理(例えば、より早い酸化防止技術、事後洗浄など)

連携の可能性:

この企業は、概念実証(POC)が確立されている技術/手法を求めています。また、前述の性能試験の実施は、既存技術に対する優位性の実証にも成りえると考えています。
技術移転または協業の可能性としては、技術ライセンス、共同開発などあらゆる連携の可能性を模索しており、パートナーとなり得る研究者や研究機関をグローバルに探しています。



Seeking coatings to protect and enhance die cast metallic/plastic hardware components


An established global manufacturer of engineered mechanical fixtures and hardware components for the building and construction industry is actively seeking innovative coating and finishing technologies. Technologies will be applied for current and new substrates to enable them to significantly improve on the durability, performance, aesthetics and sustainability of their current product and manufacturing processes.


CHALLENGE:

The current manufacturing process involves die casting of the components which are mainly zinc, although other substrates and manufacturing processes are also employed. These components are then electroplated with copper which makes the surface more uniform, assures good electrical conductivity and enhances adhesion of other coatings. Subsequent nickel plating provides a superior corrosion resistant barrier, and then a range of decorative finishes can be applied thereafter. This combination of conventional processes however, is complex, lengthy, costly and often results in the generation of hazardous and environmentally detrimental waste products.


SOLUTIONS:

The company is therefore seeking a novel process and technology to improve the mechanical, functional and decorative finishes of their current components, or allow the use of alternative (lighter/cheaper) materials (e.g. aluminium, brass, engineered plastics) whilst minimizing hazardous waste and lowering production costs.


SOLUTIONS WILL BE REQUIRED TO:

  • Satisfy end-user expectation of quality die cast decorative finishes such as: chrome, gold,
    satin, bronze, graphite, nickel and their derivatives (brushed, polished, distressed, etc.)
  • Meet performance durability tests: UV stability, corrosion resistance (1000 hours neutral salt spray and ASTM G85 1000 hours prohesion resistance); scratch resistance (5H) and coating adhesion (crosshatch)
  • Be applicable to a variety of substrates including: aluminium, stainless steel, zinc, brass and polymer composite substrates and components formed by die casting, forging, extrusion, injection moulding etc.
  • Be cost effective and scalable i.e. feasibly applied to the manufacturing of circa 10 million components annually and deployable globally
  • Reduce the environmental impact in comparison to existing electroplating methods
    SOLUTIONS OF INTEREST MAY INCLUDE BUT ARE NOT LIMITED TO:
  • Novel PVD technology – especially those not requiring the use of electroplating to prepare

substrate

  • Improved powder coating technologies
  • Laser-assisted coating technology
  • Direct-to-metal UV-curable corrosion protection coatings
  • Alternative process to electroplating (or green alternative)
  • Semi-continuous processes to replace batch processing (e.g. quicker prevents oxidising and need for subsequent cleaning)

They are keen to review technologies and methodologies where proof of concept has been exhibited and which the aforementioned durability performance testing can be carried out to demonstrate improved benefits over existing process. The company is willing to explore all reasonable commercial agreements including licensing, contract supplier relationships, joint development, etc. The client is happy to review opportunities from any sector (e.g. automotive), and geographical location.

——————————————————–

keywords1: die cast metallic,plastic,PVD technology,powder coating,Laser-assisted coating,corrosion protection coating,
keywords2: 共同研究,ライセンス
language : JP/EN
infocode : m09y11cF05r01
N-number : 11_N04





このニーズに関して興味のある方は下記のお問い合わせ方法によりご連絡ください。


・下の”クイックお問い合わせフォーム”
お問い合わせフォーム(汎用) リンク
・EMailによるお問い合わせ 宛先:info@japantechnologygroup.com





ログインされているユーザは、5行目の値(誤送信防止用)のみ記入いただければすぐに送信いただけます。

氏名 *
Email *
組織
問い合わせ内容 *
右記の式の合計を入力
(誤送信防止用) *