1149 家庭用エレクトロニクス分野に適用できる新規技術

consumerelec_services_bnr

1149 家庭用エレクトロニクス分野に適用できる新規技術

家庭用エレクトロニクス分野に適用可能な大学発技術を発掘し、研究資金供与からインキュベーション、事業化までをサポートするカナダのベンチャーキャピタルファンドが、新たな投資先となり得る新規技術を探しています。
世界的な家電メーカーや電子機器メーカーとのパートナーシップに基づき、ディスプレイ、映像/音声処理、人間とコンピューターの対話、スマートホーム、IOTなどの新規技術に興味を持っています。すでに世界各国の大学との連携を通じて、複数の技術分野で製品化に成功しています。


現在探している技術分野:
以下に列挙する分野に適用可能な技術や研究を探しています。初期的な研究段階でも構いません。

信号処理技術:

  • 音源定位/分離
  • RF信号処理
  • 文脈認識
  • 複数信号相関
  • 機械学習及び自然ネットワーク

データ解析技術:

  • テキスト処理及び解析
  • 画像及び映像の意味解析
  • 物体の認識及びセグメンテーション
  • テキストの要約及び生成
  • 状況認識

スマートホーム及びIOT技術;

  • 屋内の地理的な位置
  • 家庭内のロボット技術
  • 無線後方散乱

人間とコンピューターの対話技術:

  • 非光学センサー/再利用センサー
  • ハプティクス(触感フィードバック)

素材及び製造技術:

  • フレキシブル回路
  • 3Dプリント
  • サステイナブルまたは一時利用できる回路
  • 新規のリサイクル方法

発話及び音声技術:

  • 音声変換
  • 発話の生成及び変換
  • 高度な音声操作
  • 音声事象検知

Signal Processing:

  • Source localization/isolation
  • RF signal processing
  • Context recognition
  • Multi-signal correlation
  • Machine Learning and Neural Networks

Data Analysis:

  • Text processing and analysis
  • Semantic image and video analysis
  • Object recognition and segmentation
  • Text summarization and generation
  • Context awareness

Smart Homes and IoT:

  • Indoor geopositioning
  • Domestic Robotics
  • Wireless backscatter

Human-Computer Interaction:

  • Non-optical sensors/Repurposed sensors
  • Haptics

Materials and Manufacturing:

  • Flexible electronics
  • 3D printing
  • Sustainable/transient electronics and novel recycling methods

Speech and Audio:

  • Audio transduction
  • Speech generation and transformation
  • Advanced sound manipulation
  • Audio event detection

——————————————————–

keywords1: cosumer electronics, enabling technology, software, hardware, display technologies, camera, audio/video processing, human-computer interaction, smart home, IoT
keywords2: 事業化、委託研究
language :
infocode : m02y10cF03r01
N-number : 10_H01





このニーズに関して興味のある方は下記のお問い合わせ方法によりご連絡ください。


・下の”クイックお問い合わせフォーム”
お問い合わせフォーム(汎用) リンク
・EMailによるお問い合わせ 宛先:info@japantechnologygroup.com





ログインされているユーザは、5行目の値(誤送信防止用)のみ記入いただければすぐに送信いただけます。

氏名 *
Email *
組織
問い合わせ内容 *
右記の式の合計を入力
(誤送信防止用) *