1167 水素貯蔵材料(水素キャリア)技術

201641412754_Big

1167 水素貯蔵材料(水素キャリア)技術
ICL Innovationは、水素を貯蔵しオンデマンドで放出できる経済的に実行可能なキャリア材料を求めています。主な用途は、水素/臭素再生燃料電池との併用です。加えて、水素ガス圧縮に代わる可能性がある技術も検討可能です。材料は、ICLの廃棄物であるマグネシウム材料及びその派生物であることが望まれます。

基準:

  • ストレージ媒体はマグネシウムが主成分であるマグネシウム合金から成る
  • 水素脱着温度は可能な限り低温であること
  • 水素脱着温度は可能な限り周囲環境に近いこと
  • 重量は、0.055 kg H2/kg以上であること
  • 容積は、0.04 kg H2/L以上であること
  • 連続1500回の吸脱着サイクル後に、最低でも80%の脱着速度と貯蔵容量を維持すること
  • 合成コストが許容範囲内であること

背景:
固定式や可動式など様々なアプリケーションに向けた燃料電池の開発とその導入は徐々に活発になってきています。車両からグリッドレベルでの蓄電や発電において、燃料電池には貴重な機会があると見れられています。水素を燃料とする燃料電池は、その貯蔵に多大な場所を必要とし、加圧設備が高価であることが課題です。よって、搬送要件を犠牲にすることなく、安価かつコンパクトに水素を貯蔵できる技術は、燃料電池の可能性を最大限に実現できる重要な一歩となるでしょう。

ICLは、水素燃料の代替として、当初は臭素、そして、現在は酸素以外の酸化性物質を検討しています。ICLの目標は、グリッドレベルのニーズに対応したエネルギー貯蔵代替手段の提供です。水素化マグネシウムに基づくソューションは、金属マグネシウムとマグネシウム派生物の製造業者である当社にとって特に興味があります。もちろん、その他のソリューションも検討可能です。
ICLから提供されるもの:

  • 採択された技術の開発に必要な全資金援助
  • 解析ラボ、テスト施設、そして、ICLの中央研究開発機関のハイレベルなR&Dチーム
  • 製品化パートナー
  • 特許の共同出願

連携の可能性:

  • 研究資金(Funded research)
  • 独占的知財ライセンス(Exclusive IP licensing)
  • 共同研究開発(Joint development)

—————

HYDROGEN STORAGE CARRIER MATERIAL


ICL Innovation, a technology incubator for ICL, seeks an economically viable carrier material for hydrogen storage and release on demand. Primary use is in conjunction with hydrogen-bromine regenerative fuel cells. In addition, alternatives to hydrogen gas compression in general applications will be considered. Materials at ICL’s disposal, primarily Mg metal and its derivatives, are preferred.

Our criteria:

  • Storage medium comprises of Mg alloy where Mg is the major component
  • Hydrogen desorption temperature as low as possible
  • Hydrogen absorption temperature as close as possible to ambient conditions
  • Gravimetric capacity above 0.055 kg H2/kg system
  • Volumetric capacity above 0.04 kg H2/L system
  • At least 80% of desorption kinetic and storage capacity maintained after 1,500 full absorption-desorption cycles
  • Acceptable cost of synthesis:

Background:
Fuel cells development and deployment for various stationary and mobile applications is gradually gaining momentum. From vehicles to energy storage and generation on the electrical grid level, fuel cells seem to present a valuable opportunity. The fuel powering them is hydrogen, and storing it takes a lot of space or expensive pressurized equipment. A technology to store hydrogen in a compact manner, without compromising delivery requirements and in an economical way is a vital step towards realizing the full potential of fuel cells.

ICL is exploring oxidizers other than oxygen, primarily bromine, to counterpart the hydrogen fuel. Our aim is to provide an energy storage alternative for grid level needs. Solutions based on magnesium hydride are of special interest to us as a manufacturer of magnesium metal, and magnesium derivatives. Other solutions may be considered as well.
We Offer:

  • Full funding for selected technologies
  • Analytical laboratories, pilot facilities and high level R&D teams based on ICL’s central R&D institute
  • An industrial commercialization partner
  • IP Collaboration

Funded research:

  • Exclusive IP licensing
  • Joint development

——————————————————–

keywords1: 燃料電池, 水素, 臭素
keywords2: 共同研究, ライセンス
language :
infocode : m07y10cD01r01
N-number : 10_N02





このニーズに関して興味のある方は下記のお問い合わせ方法によりご連絡ください。


・下の”クイックお問い合わせフォーム”
お問い合わせフォーム(汎用) リンク
・EMailによるお問い合わせ 宛先:info@japantechnologygroup.com





ログインされているユーザは、5行目の値(誤送信防止用)のみ記入いただければすぐに送信いただけます。

氏名 *
Email *
組織
問い合わせ内容 *
右記の式の合計を入力
(誤送信防止用) *