ニーズの概略

背景:

ファイザー・グローバル・メディカルグラント(GMG)は、ファイザーの医療および/または科学戦略に沿った、満たされていない医療ニーズの分野で患者の転帰を改善するための、グローバルヘルスケアコミュニティの独立したイニシアチブ(研究、品質改善、教育など)をサポートします。

ファイザーのGMG競争的助成プログラムには、一般に公開されている一般的な提案依頼書(RFP)が含まれます。これは、一般的な関心分野に関する詳細を提供し、評価と承認のスケジュールを設定し、ファイザーの内部評価プロセスを使用して最終的な助成金の決定を行います。 提案者は、特定のRFPで概説されているように、知識のギャップに対処する申請書を提出するように求められます。

すべての独立した医学教育助成金について、助成金申請者(そして最終的には助成金受領者)は、助成金によってサポートされる独立したイニシアチブの設計、実装、および実施に責任があります。 ファイザーは、プロジェクト開発のいかなる側面にも、独立した教育プログラムの実施にも関与しません。



特定の関心分野:

このRFPを通じて、一般の人々の間でCOVID-19およびCOVID-19ワクチン接種についての理解と精通度を高めるように設計された患者教育プログラムをサポートすることが私たちの意図です。 特に興味深いのは、農村部と都市部の両方の環境を含む、医学的に十分なサービスを受けていない人々やその他の予防接種を受けていない人々に到達することに焦点を当てた教育プログラムです。

Pfizer について

ファイザー社はバイオ医薬品のリーディング企業として、世界レベルの科学研究員、医薬品やワクチンにおける最先端の設計力、社外協業のグローバルネットワーク、製造および市販後における業界一のノウハウを日本のパートナーの皆様にご提供できるものと自負しております。

また、サイエンスを進展させ、効果の高い医薬品やワクチンを健康改善に役立てる際の、良きパートナーとなる確信を持っております。